FC2ブログ

河童の言い分

一週間前の涼しさがウソのような猛暑が続いてます。
昨夜秩父は雷雨になり、稲光がすごかった。
玄関で寝ていたワン公2匹は対照的で、兄ちゃんのタローは稲光も雷鳴も
気にもせずスヤスヤ。一方一歳になったばかりのジャッキーは初めての
光と轟音に耳をすっかり垂れてオドオド「クーン」と兄ちゃんに擦り寄り
甘えて可愛かったです。

雷雲が去り小降りになったころヨッシーのご就寝タイムです。
暑苦しく寝返りしながら・うつらうつらしているとサッシ窓に稲光とともに
不気味な影が・・・

      CIMG0009_convert_20120729153836.jpg

誰だー 「心掛けが悪い少年の数十年後は河童の頭みたいだ」なんぞと
俺様のオシャレなヘアースタイルを笑うフトドキ者は そんな奴はシリコダマ
を抜いちゃるどー

011223蜷檎ェ謎シ夲シ」荳ュ蟷エ3莠コ陦・convert_20120729154015 020615hanabi8_convert_20120729154053.jpg
壊れたPCの画像は諦めていたけれど、デスク周辺を整理してたら
こんな懐かしいのがCDに落としてあった。
左上が河童に近づいた昔の悪ガキ(笑) 右は10年前のヨッシー家三代のカッパ


「おー!!ヨッシーか、久し振りじゃのう」
「ってオラ、カッパの知り合いはいませんが」
「お前が悪ガキのころ川で散々遊んでやったの憶えてないか?まぁいいや
 シリコダマは挨拶代わりの冗談だよ。今夜会いに来たのはな、なにやら
 いじめがどうだのってこの間読者からコメントがあったろ」
「うん 昔もあったよって返信した」
「お前、大人が怖いから限度を越えなかったって言ったろ」
「うん」
「それだけじゃなかんべ」
「???」
「お前達が子どもの頃はまだ、可哀想だと思う憐れみの心が残っていたんだよ」

それから河童が切々と窓の外で話しだした。

あの頃、子ども達は野山或いは川や海で遊び呆け、体力や体格の順位で上位の者が
下位の者の面倒を自然にみたことや、大人から買い与えられた生き物(ペット)ではなく
自分達の手で捕らえた昆虫、小鳥や魚を遊び相手にし、時には食った。
そして飼っても大抵は数日で死なせてしまった子ども達。
こういった体験を通じて弱い者や生命あるものへの憐れみが自ずと芽生えたはずだ。
お前達は「これ以上やったら相手が可哀想だ」と、いじめる連中の誰かが必ず言い出
し自発的にブレーキをかけていた。限度を越えると例え大将でもその後、皆から敬遠
され、今度は自分がツマハジキにされてしまったろう。

我らの棲家である川の汚染にも関係あるが

お前達の後の世代の子どもは、遊び場だった川や海は汚染され、原っぱや野山は
切り開かれて工場や住宅が立ち並び、ワシ等と共に居場所を奪われていった。
やがてCPゲームが登場し仮想空間で敵を倒し、自分が死ねば何度でもリセットで
生き返る。リアルな痛みや生死感とかけ離れて遊ぶようになってしまった。
そして遊びを通じての人との繋がりよりも、学業が優先される時代へ変化した。

自然を相手に暗くなるまで戸外で遊び、時には大人がみれば卒倒しそうな危険な
こともして遊んだのはお前達(昭和30年代生まれ)が最後の世代だったよ・・・

人も自然の一部ならいずれ自我を覚え、物事を考え始める思春期までの子どもの
本質は昔も今も変わらない。

子どもの遊び場を奪い、子どもを相手にしてまで今や莫大な商売をする。

発展という号令のもとに環境を変えたのは全てお前ら大人なのだ。

倫理や愛よりも全てに優先される経済という魔物に支配された人間どもよ
この社会が変わらぬ限り、我ら滅びる寸前の河童同様に子ども達の未来は
悲しい。

     020503豌エ謌ソ09_convert_20120729154121    
     昔のカッパ少年たちの集合場所だった鎮守様
     これは10年前の写真 当時実家で飼っていた柴犬のベルと可愛かった初孫
     今は子供たちの歓声も消えて ひっそりしている

   

河童の夏休み・・・憧憬

ある夏の日の夕方、はるか下の谷川からそよいでくる風に誘われ蝉しぐれを聴きながら
ウトウトお昼寝をしていると、 それは遠い昔の出来事か 懐かしい夢をみていました・・・ 

  P1090591_convert_20120727185128.jpg



「こらぁー ただしー 何処さ行くー 今日こそは田圃の草取りさ手伝えー」

「母ちゃん ごめーん 夕方帰ったらやっから オレの分残しといてー」

「まったくしょうもない子だねえ 家の手伝いどころか夏休みの宿題も放りだしたまんま
 毎日川にばっかり行って ありゃーまるでカッパの仔だぁ」

時は昭和40年代、東京オリンピック(39年)も終わり日本は高度経済成長の真っ只中
にありました。
少年は川遊びの三種の神器、水中メガネにヤスとビクを引っ提げ、母親の罵声を背にあび
ながらも友だちと待ち合わせた近所の神社に一目散に走って行きました。

目的の川はすぐそこで、獲物は鮒やハヤなどの雑魚ばかりですが時々護岸の石垣の穴から
ウナギなどを捕まえたときはそれはもう大騒ぎ、友だちのあいだでは英雄扱いです。

「たーちゃん、この川は去年の夏はこんなに水がヌルヌルしてなかったよなぁ」
「うん もっと水が澄んでた」
ふたりは滑る川底に足をとられながら目的のポイントを目指した。

そこは護岸の延長で川底にもコンクリートがうたれた場所で、そのコンクリートの上流側の
端は水流で川底がエグレてちょっとした淵になっている。更に淵のすぐ上流はウナギの棲家
の石垣で地元の子どもたちの格好の遊び場だった。

   P1090584_convert_20120727192722.jpg
   このお話しとは無関係の川です 現在の「ただし君」が住む近所の河原だよ 

その小さな淵に「ガラスウケ」という小魚を生け捕りにする道具を沈めておくと、タナゴや
オイカワ(ハヤ)が沢山獲れたものだった。

「たーちゃん あそこを見てみ」

友だちが指差した方を見ると、護岸の中ほどに空いた土管から汚水が流れ込んでいた。
僕たち少年の聖域である淵の真上だった。
それは最近できたインスタント麺の工場から出る汚水で、当時は環境を問題にする行政
などなく、ほとんど麺を揚げたり茹でた水は未処理のまま排水できたのだろう。

淵を覗きこんでも水は濁り、へんな臭いがするだけで魚影も確認できない。

「あ~あ これじゃタナゴは全滅だんべー かわいそうになぁ」
自分たちが散々捕獲していじめたことは棚にあげての感想だった。

がっかりしながら川面を眺めていると上流から太いロープのようなものが流れてきた。
その物体は時々白いお腹をみせながらウネウネとのたくっている。

「ウナギだぁ~ でっけえぞー」
子どもの二の腕もあろう太いウナギだった。我先に下流へ流れていくウナギを追いかけて
捕えた。
しかし、汚れた水で死に掛けたウナギなどいくら大物でもうれしくもなく、無論かば焼きに
して食べる気にもならない。

「もうこの川もおしまいだな、たーちゃん今度は自転車でもっと大きい川に行くべえ
 あの川ならまだ水がきれいでアユだっているって この前父ちゃんが話してた」

かくしてたーちゃん少年、家の手伝いどころかもっと遠くの川まで出掛け、夏休みは
一日中遊び呆けてましたとさ。
宿題?・・・そんなもん二学期が始まってから友達のを写させてもらって出しゃ十分×2

その遊んだ少年たち・・・心がけの悪かった子は今になって頭のてっぺんがすっかり
河童みたいになってましたとさ それでたーちゃんはどうなの?って大丈夫・ボクは
良い子だったからねー  ウヒヒヒー

P1090592_convert_20120727201703.jpg P1090593_convert_20120727201726.jpg
ハァー 極楽・極楽
   P1090596_convert_20120727201753.jpg
  

jaranpon-完

   P1050879_convert_20120325132300.jpg

ジャランポン祭りのお話し、根気良くお付き合いを頂きありがとうございました。
今日が最終回です。


  jaraーn・poーn

公会堂の中はガヤガヤと地元の人やカメラマン達で賑やかだった。
やがて区長さんという人の挨拶があり、坊さん役の小吉さんや死人役の
ガンさんなどが続いて挨拶した後に、このお祭りの最大の見せ場である
お葬式が始まり、僕と父は運良く祭壇の前の方に座ることができた。

棺桶に一升瓶を抱えたままガンさんが横たわると、いっせいに小坊主達が楽器を
打ち鳴らし、小吉さんがお教を唱えだした。

「ナンマンダーブ・ナンマダーブ 今日のホートケさんはガキ大将だった
 イワタのヤスユキだー ゾークショウガンチャンワー ガーキノコロカラ
 イジワルでー、オーレタチカーキューセイヲイージメター トートー
 ソノバチデー エーンマダイオウニーヨバレタヨー」

会場のアチコチからクスクスと笑い声が聞こえるが、まだ笑いを堪えている様だ。

「ナンマンダーブ・ナンマンダーブ オトナーニナッテーモー ナカミーワー
 ガキノママー ナニカートークチウルセー イーマジャー キンジョーノ
 ハナツマミモンー」

棺桶がガタガタ揺れて蓋をガンガンと中から叩く音が聞こえる。
そして、一瞬間を置いて「プウー」大きなオナラの音がした。

「ナンマンダーブー・ナンマンダーブー イマホートケサンガヘヲコイター
 ドクーガスダカラー コーレデホトケモ ホントニオダブツダー」

それまでクスクス笑いだった会場が、とうとう堪えきれずに大爆笑の渦となった。
すると、突然棺桶の蓋が吹っ飛び、仏さんが上半身を起こして肩で息をした。

「臭っせー、てめえの屁で本当に窒息するトコだったい」
仏役のガンさんが自分の鼻をつまんで喋り、
「小吉、てめえもっとまともなお経を上げろ、それじゃ仏は成仏出来ねえぞ」
と喚き、自分で蓋をして又、棺桶の中に隠れた。

もう、会場はワッハッハー・アッハッハー ジャランポーンの大騒ぎ。
その後もいい加減なお教が続き、その度に仏さんは棺桶の壁をガツンガツンと
叩いている。そして、お母さんの言っていた飲み屋のママさんがどうの何てお経
が始まるとついには仏さんが立ち上がり、

「このクソニセ坊主めー」

会場は死人とお坊さんの鬼ごっこの場と化す、その年はハチャメチャなお祭りだった。



「ツヨシ、オーイ、ツヨシー聞いてるかぁ・・・どうだい?ジャランポンの日は
 帰って来るか」

そうだ、父さんと電話中だったんだっけ。

「うん、みんなで絶対に行く。今さぁ、父さんとあの頃はまだ元気だった母さんに初め
 て連れていって貰ったジャランポンを懐かしく思い出していたんだよ。そうなんだ、
 今年は父さんが仏さん役をやるんだ。で、坊さん役は誰?」

「それがよう、あのガンさんなんよ。なっ、今年のジャランポンも面白くなりそうだんべ」

あぁー父さんも一応は東京生まれの江戸ッ子なのに、今じゃしっかり秩父のオッサンに
なったんだなあー。だんべー言葉が凄く板についてるね。

                                   
                                               お仕舞い




 P1080909_convert_20120325151923.jpg P1080911_convert_20120325151950.jpg

秩父の野山はまだ冬景色っぽいけれど、よく観察すれば枯れ木の先はなんだかモヤモヤと
新芽や花の準備が整ってます。
今日、ウチの庭の枝垂れ紅梅の花が一輪咲きました。右隣りは1月から咲いてる枝垂れ黄梅です。

 P1080912_convert_20120325152012.jpg P1080913_convert_20120325152036.jpg

散歩に連れてって貰うのを日向ぼっこしながら、ジーっと待ってるタロウとジャッキー

「jaraーn・poーn」は実際にある秩父市久那のお祭り「ジャランポン」です。
ですが、今回のお話は全てヨッシーの創作です。実在する人物とは一切の関係はございません
ので、ご了承下さい。








jaranpon-その3

「ジャランポン祭りのお話しを考えて書きます」
なんて気軽に宣言したまでは良いのですが、イザ、書き始めたらそんな簡単には
済みそうもなくてケッコー気力が要るのには参りました。
今回で完結出来るかなぁ

  jaraーnn・poーn

さて、それから幾日か経った祭りの当日。両親に連れられて祭り会場の下久那公会堂
まで、下り坂を歩いて行った。
ジャランポンは夕方からで、春の午後の陽射しが暖かく、あの時の、風に運ばれてくる
段々畑の梅の花の香りは今でも鮮明に憶えている。

途中で友だち数人と合流した途端、僕は初めての「葬式祭り」への期待で胸が高鳴り、
ワァーっと叫んで駆け出していた。

会場の公会堂を窓から覗くと、ガンさんは白装束を着せられ頭には三角頭巾の鉢巻を
した格好で棺桶のへりに腰掛けていた。そして手にした一升瓶を時々ラッパ飲みしている。
お坊さん役の小吉おじさんは立派な袈裟懸けを纏い、本物のお坊さんのように見えた。
だけど、周りの小坊主役のおじさん達の袈裟は唐草模様の風呂敷で、それぞれ手にはシン
バルみたいな楽器や鐘、木魚を持っており「ジャララーン・ポクポク・チーン」と、
思い思いに鳴らして遊んでいた。

「ジャララーン・ポクポク・チーン」・・・
窓枠に顎をのせて中の様子を見ていた僕に突然ヒラメキがはしった。

「そうか!!あのシンバルみたいな道具の音が祭りの呼び名になったんだ」
ひとり合点がいき、運良く隣りに居合わせた当時僕らの憧れのマドンナだったミッちゃんに
得意になって教えた。

「ウソ、そんなことも知らなかったの。そっか、ツヨシくんは東京から越して来たアオボーズ
 くんだもんね。それよりもあの木魚を叩いているのがワタシのお父さんなの。ヤダ、酔っ払っ
 て顔が真っ赤よ。もうサッイアクよね」

なんだか肩透かしを喰らったみたいでガックリしている僕に気が付いたガンさんが、一升瓶を
かざして手招きしていた。
誰かが「ギャー、オバケに見つかったー」と騒ぎ出すと、もう僕たち子どものエネルギーは
止まらない。
ガンさんは既にかなり酔っ払っていて、傍の位牌を持って立ち上がるとキョンシーの真似を
しながらピョンピョンと僕たちに向かって歩いて来た。
キョンシーが近づくと位牌の文字がハッキリと読めた。
 
 「悪疫退散居士」  確かにそう書いてあった。

僕らは「悪霊キョンシーに取り憑かれるぞー」  大騒ぎして逃げるフリをしながら、
しかし逆に公会堂の中になだれ込んで行った。


 読者の皆様、ゴメンナサイ 今日もここまでが気力の限界です。
 (って言うか、根気良く読んでくれてる皆さんの方が限界だよねえ)
 
 まぁそんな事言わずに次回、完結篇までお付き合い下さいね。


続ーjaranpon

前回はいきなりお話から入りましたね。
これは、秩父市大字久那という地域で3月中旬の日曜日に行われる
「ジャランポン祭」にまつわるヨッシーの創作短編物語です。
では(o・・o)/続きをお楽しみ下さいな(^^♪

  jaraーn・poーn

初めて僕がこのお祭りのことを知ったのは、そんな小学生の頃の少年時代だ。
そう、あとわずかひと月で5年生に進級を控えた春休み前に、父が飲み友達の
ガンさんと僕のウチで飲んでた時の会話だった。

「今年のジャランポン祭はさぁ、オレが仏さまぁやることになっちまってよう、
 ハァ、まいったいなぁ」

じゃらんぽん?初めて耳にする言葉だったし、子供には凄く新鮮で何だか楽しそうな
響きに聞こえた。
「ねえ、ガンさん、ジャランポン祭って何のこと?」

「そうか、アオボーズはまだ、久那のお祭りに行ったことがないんか?」

(僕がここへ越して来た時はまだ、青白い顔をしてヒョロヒョロだったから、友だちの
 あいだで付けられたあだ名がアオボーズ。それは大人たちの間にも直ぐに広まった)

「ジャランポン祭りっちゅうのはな、久那に昔っから伝わるそりゃーおもしれえ祭りの
 ことさ。別名が葬式祭りともいってな、まだ、ピンピンしている奴をな、死人役にして
 さぁ、そんで棺桶までこせえちまうんだ。坊様だってその辺のおやっさんが成りすまして
 よう、デタラメなお経をあげて葬式しちまうってえ寸法だ」

「ええー、お葬式をお祭りにしちゃまずいんじゃないの?何でそんなことすんのかなぁ」

「そりゃーよう、昔は今みたいに病院も、いい薬もなかったんべえ。伝染病なんかが流行って
 本当の死人がいっぱいでたらこまるべえ。だから、元気なモンを神様の生け贄にして、変な
 疫病が村に入ってこない様に神様にお願いしたんだと」

「ふーん」

「そんでな、今年のジャランポンはこのガンさんが生け贄っちゅうわけよ。まぁ、仏様役は
 タダ酒がたらふく飲めるからいいんだけどよ」

「それでお坊さん役は誰がやるんですか」と、母

「それよ!!問題なんは。坊主は門屋の小吉さぁ。あんの野郎は俺等がワルガキん頃に散々
 苛めたかんなぁ。それを大人になった今でも根に持ってやがんのさ。こりゃぁいい復讐の
 時どばかりに、どうせデタラメなお経をあげて、あることないことでっちあげる腹さ」

「ふーん、あることないことねえ。例えばどこそこの飲み屋のママとガンさんはいい仲だとか、
 そんなこと?」

ガンさんは飲みかけのお酒をブーっと吹いてむせ、
「ケイちゃん・・・子供の前だで」と、焦りまくってた。(ケイちゃんとは母のこと)

そして、父と母は顔を見合わせて大笑いしていたっけ。僕も何だか可笑しく、つられて
大笑いしたことを憶えている。


 さてさて、今夜も疲れました。なにしろ書きながらストーリーを考えてる始末で、
 自分でもこの先がどんな展開になるのか?なんてなーんもわかってないんですから(´ε`;)
 
 それでは次回をお楽しみにー

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ままタクシー

Author:ままタクシー
秩父つれづれ日記へようこそ!
記事担当のヨッシーです。
乗務員歴6年(H22年7月現在)
ウチの会社では中堅ドライバーになりました。
明るくやさしく安全運転をモットウに日々頑張ってます。
趣味:音楽鑑賞 カメラ
   愛犬とブラブラ散歩・ゴルフ
   読書と書くこと
秩父に行ってみたくなる記事、
なんとなくホットする記事を
更新していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR