FC2ブログ

ワイルド切り花

  P1100859_convert_20130328092257.jpg

こんなでっかく写真を載せるほど綺麗に生け花できちゃいないんだけど

       P1100863_convert_20130328092333.jpg

ウチの庭の花桃も咲きだしたことだし、イッチョウ男らしいワイルド生け花
にでも挑戦してみるか

         P1100865_convert_20130328092403.jpg

やっぱり青空をバック、春の陽射しにおもいきり背伸びをした梢の花には
敵わなかった。

花桃の木は赤とピンクを庭に10本植えて、生き残ったのが8本、でもその子
が数本生えて生育中です。

 P1100866_convert_20130328094437.jpg
今日は暖かいのでこの分だとウチの桜も午後には咲きだすかも

 P1100862_convert_20130328093730.jpg
コブシは満開をすぎて今はスモモの白い花が満開

 P1100874_convert_20130328094036.jpg

 P1100879_convert_20130328094056.jpg

家の中と外で花見三昧と洒落込みますか
カアちゃんが帰ってきたらどうせ活け直しされちゃうかんね。

スポンサーサイト



続・さくら便り

東京や横浜の桜はすでに満開も過ぎ、埼玉県も秩父以外は今が満開らしい。
先週の暖かさは春を飛び越えたような感じでしたもんね。

今週の関東は花冷えなのか曇りがちで少し肌寒い日が続いてます。
秩父の桜は開花してしまった木はほぼ満開だったり、これからの木は
少し開花を足踏みしています。

 P1100849_convert_20130327181607.jpg

札所16番西光寺の桜も見頃です。先日紹介した13番慈眼寺の桜とともに
市内ではこの二ケ寺の桜がもっとも早咲きと言われてます。
あいにくと今日は曇り空で鮮やかな色に写すことはヨッシーのウデでは難しかった

  P1100851_convert_20130327181640.jpg
 何処の札所の山門もお札がいっぱい貼ってあります。
 天井のお札はどうやって張ったんだろうね。

P1100857_convert_20130327181723.jpg
 それにしてもお天気が恨めしい せっかくの桜の花なのに

  P1100853_convert_20130327181746.jpg

   P1100854_convert_20130327181936.jpg
 
傷だらけの納札堂の柱 江戸時代の巡礼は実際にお札を柱に釘で打ち付けたそうです。
このお堂の柱は当時のまま・・・いにしえの巡礼者の願いが柱に刻まれています。


すぐ傍のスーパーで買い物をし、帰路に札所2番真福寺を訪れてみました。
ここに以前訪れた時は花桃と梅の花が綺麗だった印象が強く、
「桜の木はあったっけ?」と気になったのです。

 P1100838_convert_20130327184707.jpg
 札所2番は山の中腹にあり、歩き巡礼では1番をお参りしたあとの最初の難所
 坂道がきついですが、高台にあるので秩父市内の展望が素晴らしい。
 紅白の梅の花が満開でした。

 P1100840_convert_20130327184814.jpg
 お堂へと続く古い石段横に桜の老木が一本ありました。
 つぼみも大きく膨らんで、もう少しで開花ですね。

    P1100845_convert_20130327184905.jpg

 石仏が崖上から出迎え、大きな椿の木のトンネルをくぐってお堂へ
 登って行く。

 P1100846_convert_20130327184926.jpg
赤い椿が鮮やかに咲いていた。

 P1100841_convert_20130327184956.jpg

人家は寺の下に2~3軒のみ 山の中の静かな無人寺です。
数組の巡礼の方たちとすれ違いましたが、すごく落ち着く場所ですよ

 P1100847_convert_20130327185020.jpg

 お堂下の駐車場からの展望 晴れてれば眼下は秩父の街並みです。

来年は12年に一度の午年総開帳です。
例年は静かな山寺もたくさんの巡礼者できっと賑わうことでしょうね。

家具リフォームだぜい ワイルドだろ~

こんにちは 今日は昨年の流行語大賞にあやかってしまいました。

今冬は居間のソファーをタロウとジャッキーに占領され、お気にだった
マーブル模様のクッションがだいぶ汚されて、先日はとうとうオシッコ
まで掛けられてしまった

クッションを全部はがしてみたら造りはしっかりしてるし、捨てるのは
もったいないから
ヨッシー、奮起して椅子の改造に取り組みました。

 P1100830_convert_20130324140040.jpg

 これがこうなった

   P1100832_convert_20130324140103.jpg

なーに改造たってクッションをはがして座面の寸法を測り板を載せただけ
厚さも幅もちょうど良い板があったのだ
防虫&防腐剤の水性オイルステインを板に施しました。

そしてー 余った板でテーブルもどきまで作ってしまった。

   P1100835_convert_20130324142050.jpg

カミさん曰く
「なんだか武骨な家具ばかりでアウトドアか山小屋みたいになってきたわねえ」

 P1100834_convert_20130324142344.jpg

「だろ それ狙ってんだもん これで薪ストーブを設置すれば完璧だぜい
 ワイルドだろ~」
 
 P1100836_convert_20130324142401.jpg

と芸人スギちゃんの物真似が思わず口からこぼれてしまったオイラ。

「へえ~ その薪ストーブ代の足しにと言ってヘソクリしといたお金をパチで
 遣っちゃったことの方がよっぽどワイルドだと思うけどね~」

会話は思わぬ方向にそれていくワイルドヨッシー家でした。

一応、板の角はカンナを掛けペーパーで磨いてあるから棘は刺さらないと
おもうぞ

                             デワ

さくら便り

この春、桜前線の北上はとても早足。
先だって九州福岡が全国一番目の開花宣言をし 先週土曜日だった
でしょうか 上野のお山も開花したとのニュース

やっと梅の満開を迎えた秩父にも あれよあれよと桜前線が北上してきました。

今日はそんな秩父の桜を撮影しようとカメラを持って出勤しました。
デワ、本業をそこそこに頑張りながらタクシーの運転で通りかかった桜の名所を
どうぞ

 P1100814_convert_20130322142407.jpg

秩父鉄道お花畑駅前の札所13番慈眼寺

 P1100817_convert_20130322142546.jpg

毎年この13番の桜は他所より一足お先に満開になります。

    P1100819_convert_20130322142614.jpg


 そして荒川は29番長泉院の入り口にある枝垂れ桜
 こちらはまだ二分咲きってところでした。

 P1100805_convert_20130322142634.jpg

 さらに1kmほど上流よりにある樹齢600年の清雲寺の枝垂れ桜
 やはり見頃は来週になってからでしょう。

   P1100808_convert_20130322142658.jpg

 因みに長泉院の枝垂れ桜は清雲寺の桜の子どもだそうです。
 
 下は札所19番龍石寺

 P1100822_convert_20130322142755.jpg

 こちらはもう見頃です。
 お地蔵様たちが日向ぼっこしながらお花見してました。

 P1100826_convert_20130322142833.jpg

 ヨッシーのウチの近所、札所1番四萬部寺はまだ開花前
 代わりに紅梅が満開でした。

  P1100828_convert_20130322142858.jpg

 で、これはオマケで撮ったウチの庭
 このアングルだけで紅梅、レンギョウ、ユキヤナギ、木瓜、諸々と
 賑やかな春になりました。

                             デワ


お彼岸に見る夢

一昨日の日曜日が彼岸の入りで、明日は春分の日 お中日です。

彼の岸(かのきし)、この世とあの世の接点・・・
だいたいがこの時期に見る夢なんて、お先に彼の岸を渡って行った
肉親の夢と相場は決っています。

 P1100791_convert_20130319100640.jpg
 秩父地方は久々に降った昨夜の春の恵みの雨 
 一夜明けて花粉や埃がすっかり洗い流されて
 「山がくっきり見えるのかな」と期待して起きましたが
 霧に包まれてしまいました。
 しかし、やがて陽が高くなる頃はそれは幻想的で素敵な
 風景があらわれました。


昨夜会社の当直室で夜を明かしたヨッシーもそんな肉親の夢をみてしまいました。

フロイトだかユングの精神分析夢判断なんちゅう小難しいことはほっといて、
だいたいが夢なんてもんはイイカゲンなもんです。

それは母親の今際、ご臨終の知らせに焦って病院に向かう夢なのですが
先にあっちに行ったはずの親父やすぐ上の兄がご健在で夢のなかに出てくるし
やっとこさ病院に着けば、母親はのん気に病院の屋上で看護師さんに付き添われ
車椅子に乗ってこっちをみてにっこり微笑んでる。

 P1100794_convert_20130319100701.jpg


それでハッと気が付いてみれば ほっぺたまで泪でびっしょり

明日のお中日には墓参りに行こうって思ってるんだから
そんなにせっつくない  まったくよう

これも親不孝者だったバチかしらねえ



梅が満開となった秩父の聖地公園も、彼岸のお墓参りで
たくさんの人が訪れてます。

そして梅の香りとともに、静かだった山里にも秩父観音霊場を巡る巡礼さんの姿と
彼らの鳴らす鐘の音がチ~ン・チ~ンと聴こえてくるようになりました。


やっぱり皆さんもそんな夢を見たのでしょうか・・・


思案中・あなたならどうする

あなたな~らどうする~ あなたな~らどうする~
なんちゅう鼻歌が思わずついてでたあなた・・・歳がばれまっせー(笑)

まぁ悩みの元はオタマジャクシはオタマジャクシでも音符のことじゃ
なくて本物のオタマジャクシなんだケロ 

  P1100785_convert_20130315103125.jpg

越して来た翌春に自分で作った一坪ほどの池に、今年初めてカエルが卵を産んだ。
それを今朝発見しました。(種類は親ガエルを見てないのでわかりません)

冬のあいだは水も冷たいし池の掃除はしないのですが、春になり水温も上がると
池に降り積もった落ち葉の掃除をかねて水を全部抜き大掃除をします。

どうしよう・・・タマゴをいったんバケツに避難させて掃除しても、水を入れ替えたら
死んじゃうかもなぁ

カエルが卵を産んでくれたということは「ここなら安全」と
10年近くもかけて代を継ぎ観察してきた結果。
オイラを信頼してくれたからだろう。

田舎は自然がたくさん残っている? 

都会の皆さま、それはウソです。
カエルやどじょうなどの小動物の棲家はどんどん失われてしまった。

かれらの格好の棲家だった田圃は、その生産性をあげるために真四角に区画整理され
水路はすべてU字溝で固められてしまいました。

我々が子どもの頃にゲンゴロウやタガメと遊んだあの水草の繁った水路は今ではほとんど
見られなくなってしまったのです。

ひと昔前は食糧自給率をもっと上げなくては、
そして現代ならTPP参加云々、農産物だって国際競争力をつけなくては農家は生き残れない。

田圃の区画整理もU字溝も害虫駆除の農薬も、快適な暮らしのための電力確保/原発も
地球温暖化も
景観保護やノスタルジーだけの情緒的批判ではもう止められないほどに社会は変わって
しまった。

 P1100789_convert_20130315112348.jpg
 これも越してきたときに植えたコブシ、あと2日で開花かな

100年後の地球やこの国はどうなっているのだろうか?
自然界の食物連鎖や環境多様性を断ち切って、我等の子孫は科学の進歩とやらで快適に
暮らしているのだろうか?

あと100年生き延びてその時代を見てみたい気もするが、人為的な自然しか残されてない
無機質な未来なんて見たってしょうがないから
「もういいか~い」とお迎えがきたら「ハイよー」と素直に自然に従うことにしました。

それで池のたまごはどうするって・・・そっと見守ってやることにいたしやしたよー

 P1100783_convert_20130315113148.jpg
 開花5日後の我が家の紅梅です


                                     デワ


回覧箱

4月からまた回覧板がまわってくる(この2年間は区長だったのでウチが発信元)
すぐ下のお宅からなんだけど、隣人は膝を痛めた高齢者でウチの坂を上るのが
たいへんなんだそうです。
            P1100771_convert_20130312183117.jpg
     たしかにこの坂はキツイ、雪が積もったときは上に見えるポストから
     ロープをたらし、そのロープにつかまってじゃないと滑って上り下りが
     できないんだから


それならと、家の上り口に回覧板専用の箱を置くことにしました。
今日はせっせとその箱の製作です。

 P1100770_convert_20130312183026.jpg
 半日かかってハイいっちょうあがり 最初の字が大きすぎて書ききれない

  P1100765_convert_20130312184145.jpg
  父ちゃん ぶきっちょに大工の真似事なんかしてないで散歩に連れてけよ

  P1100768_convert_20130312184228.jpg

 夢中になってやっていたらいつのまにか夕方、大好きな春の夕べです

 P1100781_convert_20130312184315.jpg

若干色を強調していますが、犬の散歩から帰るとこんな綺麗な夕焼けでした。

  P1100759_convert_20130312185312.jpg

今夜の夕食当番はオイラ、ネットでレシピみながら手作りハンバーグに挑戦
そして切り干し大根に春キャベツのスープでやんす。 
小さい皿に タロウとジャッキーの分もあるかんな 
ちゃんとふたりの分は玉ネギぬきで 別に作ってあげたやさしい父ちゃんです。

P1100760_convert_20130312185335.jpg P1100762_convert_20130312185353.jpg

でわ いただきます

「春はあけぼの」と云うけれど

前回の菅原道真公に続いて今度は清少納言「枕草子」ときましたか
ろくに古文、古典も勉強しなかったヨッシーの知ったかぶりが続きます。

それでこの「枕草子」春はあけぼの 夏は夜 秋は夕暮れ 
冬は雪の降りたる と四季別に時間帯を分けて感慨を綴ってますが
忙しい現代人には春のあけぼのに浸ってる余裕なんかありゃしません

ヨッシーもほぼ毎朝6時前後には起床しますが、お勤めがなければ布団の中で
「春眠あかつきをおぼえず(朝飯を催促するワン公にうるせえぞ、もっと寝てろー)」
などと怒鳴って、もう一度毛布を頭からかぶって寝ていたいです。

だからといってはなんですが、むしろ秋の夕暮れよりも春の夕暮れ時の方が
オラは好き。

日めくりのカレンダー一枚をめくるたびに昼が縮まる秋の夕暮れは
なんだか感傷的でせつなすぎませんか。

比べれば春は日を追うごとに陽も伸びて、梅の咲く頃は昼間の熱もまだ大気中に
残っている。

 P1100757_convert_20130311092246.jpg

「あっタンポポが咲いてる、明日は庭の水仙も咲くかな?」と
気分もうきうきなのだ。

 P1100752_convert_20130311092318.jpg
 前回とほぼ同じアングルで撮影した梅とユキヤナギ、予想通りに昨日開花しましたよ
 P1100754_convert_20130311092342.jpg

あの日から今日で2年が経ちました。

夜、仕事から帰ると家族の笑顔が出迎え、あたりまえに夕飯の準備ができている。
そしてちょっと
あたりまえすぎてつい見逃してしまいそうな幸せがここにある。


 P1100751_convert_20130311092358.jpg

それで充分以上だよね。



 

東風吹かば

PM2.5は歓迎いたしませんが この秩父の山並みも
ようやく春霞たなびく陽気となりました。

先日まではくっきりとして雪の残る山だったのですが、今日は
もやもや~っといかにも春の景色といった具合に見えております。

 P1100741_convert_20130307103443.jpg

菅原道真公の冒頭の句「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」
に見習いヨッシーも一句ひねろうかと思いましたが ハズカシイのでやめときます(笑)

 P1100743_convert_20130307103526.jpg

今日はこれから20℃近くまで気温は上昇するそうですが、町会の区長さんのお役目
任期がこの3月でやっとこさ終了。その総会の会計報告書やら実施案内状をこれから
作成しなくてはなりまっしぇん。
ワードは普段使っているので苦はないのですが、エクセルはもうあまり使わなくなって
久しいのと、バージョンがどんどん更新されてるからほとんどやり方を忘れてます。
ワン公たちとゆっくり近所の散歩に行きたいのですが、たぶん半日たっても四苦八苦
していそうだよ

 P1100748_convert_20130307103625.jpg
 ウチの庭の枝垂れ紅梅です。主はまだまだご健在ですから、思い出すまでもなく
 春になれば勝手に咲きます。

 P1100744_convert_20130307103603.jpg
 ユキヤナギは真っ白のとピンクの2種類が植わってまして、こぼれた種で石垣の間や
 池のコンクリーを割ってどんどん増えてる。

 P1100749_convert_20130307103701.jpg
 梅もユキヤナギも今週末には開花かな 

 P1100750_convert_20130307103645.jpg
「花はやっぱりいいなあ」と水のぬるんだ池の金魚も申しておりました。

                デワ デワ 皆さまごきげんようです 



 

弥生三月/日曜大工

ええ~と お客様・・・カウンター席が空いておりますので
こちらへどうぞ

 P1100735_convert_20130304163304.jpg P1100734_convert_20130304163203.jpg

しかし月日の経つのは早いものでアッと言う間にもう三月です
その最初の日曜日は桃の節句で雛祭りでしたがヨッシー家はせっせと日曜大工に
励みましたとさ。

ここへ越してきたときは囲炉裏があって古民家風だった居間も
今は蓋をされて石油ストーブが載っかってます。
(いずれここに薪ストーブを置きたいと思っている)
  
  P1050755_convert_20130304170654.jpg
  蓋をされちゃった囲炉裏くん 
  天井から吊り下がった自在鉤は別の場所へ お飾りしました


春になったので古民家風からカントリー風に模様替えを思いつき大工さんに
チャレンジなのだ
「どうせ二匹のワン公が侵入してくるあばら家なので見栄えなんて関係ない
 自分たちでカウンターを作っちゃおう」

棚板やカウンターの板は奥様にニス塗りを命令し 外のデッキと居間を行ったり来たり
しながらトンテントンテン
二日掛けてさっき完成しました。

P1100726_convert_20130304171742.jpg P1100731_convert_20130304171811.jpg
上がり口の板引き戸は加工が細かいので先週の日曜日に大工の次男に頼んで
作ってもらった。
家が傾いているのか倅の腕が悪いのか?かなり隙間があります(笑)
孫が左手に持っているのはじい様(ヨッシー)が作ってあげたパチンコ

P1100732_convert_20130304172644.jpg

我ながら上出来、ジョウデキ 
山里、古民家&カントリー風or居酒屋風でこりゃー晩酌がすすみますぜ

P1100738_convert_20130304172717.jpg P1100740_convert_20130304172738.jpg
アクセントに数年前に拾った流木をくっつけてみました
それでは皆さま くれぐれも板が曲がっているとか出っ張っているとか
粗探しは致しませんように





 
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ままタクシー

Author:ままタクシー
秩父つれづれ日記へようこそ!
記事担当のヨッシーです。
乗務員歴6年(H22年7月現在)
ウチの会社では中堅ドライバーになりました。
明るくやさしく安全運転をモットウに日々頑張ってます。
趣味:音楽鑑賞 カメラ
   愛犬とブラブラ散歩・ゴルフ
   読書と書くこと
秩父に行ってみたくなる記事、
なんとなくホットする記事を
更新していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR