FC2ブログ

お客様は神様?

今夜はひとつ辛口な意見で。

常日頃考えていることなのですが、やはりこの国の商文化というか、
何の業種に関わらず商品を提供する側と、受け取る側(いわゆるお客様)
の関係を一般的に捉えると、かなり歪んだ構造があると思いませんか。

いわゆる今夜のお題「お客様は神様です」というヤツです。

今夜はこの事について、ヨッシーが気付いた幾つかの事象について、これを
読んでいる方に問いかけてみたいと思います。

(1)この言葉の深層部分まできちんと考えた上で「その通りだ」と理解し
   接客なり、販売活動をしている人がいったいどのくらい居るのか。
   そして、
  「神様」と崇められる客がこの言葉をどれだけ理解してサービスや商品の
   提供を受けているのだろうか?
   
   実は「神=客」が人である商品の提供者に対し絶対上位に属している
   のだと感違いしている人がほとんどなのではないのでしょうか。

   だから、商品を提供する側は必要以上にへりくだり(時として醜いほどに)
   客にへつらう
   そして客は価格に見合う以上のサービスを平然と要求する。
   何しろ「お客様は神様」ですから

(2)「神」という存在はその程度(人間にただ傾がせ、ふんぞり返る)の低俗な
   存在としてしか我々が認識していないから、この様な感違いが生じるのでは
   ないのだろうか?   

(3)この言葉を上記の様な認識程度で考えている者ほど、実は自分の扱う商品に対
   しての自信、若しくは商品知識や接客能力に自信がない。
 
(4)この言葉を額面通りに受け取り、後は何も考えないからへんてこりんなサービスが
   まかり通る。
  例1:自動ドアがセンサーで感知し、物体が通過すると自動的にスピーカーから
     「いらっしゃいませ」のしかも合成音声が流れる。ゴキブリでもネズミでも
     センサーが感知すればお客様なのだ。
  例2:何も買ってないのに店を出るとき、店員が誰彼構わず
     「本日はお買い上げありがとうございました」と深々とお辞儀をする。
     その仕草は、研修で背中の角度は何度で笑顔はこう作りなさい。とお仕着せ
     された形式だけのお礼。
   
    長くなるのでこの2例だけにしておきますが「いらっしゃいませ、ありがとう
    ございます」の言葉を合成音でも形式だけでも繰り返しておけば客は満足する。
    という安易な考え。しかも何時かそれが自然な風景と化し、客も当たり前と思っ
    ている事。
   
   いわゆる一流と賞賛されるお店やホテルなど(ヨッシーはあまり行った事がないが)
   あの自信に満ち溢れた商品説明や接客態度はどうだろう。
   「オレは神様だからもっとお前ら頭を垂れろ」
   などという態度はこちらが恥ずかしくてとても言えないでしょう。

「お客様は神様です」この言葉自体に異論は唱えませんが、誤解を招きやすい
この言葉から脱却し、もっと商いを単純に考えてみても良いのではないのでしょうか?

経済の原則、需要と供給です。その商品やサービスが必要とされるから供給し、代価を
得る。そこに、供給側と需要側に上下関係はなくお互い様の立場である。
しかし、当然競争原理が働くから、供給側はより質の良いモノを作り適正価格で供給する。
商品ならばそれは製品の出来や性能であり、サービスならばその「質」を提供する側は第一に
考える。

では、我々サービス業のその質とは何か?
先ず、お客様に不快を感じさせないことではないでしょうか。

タクシーなら①安全運転②清潔な車内③的確な応対でしょうか。
①は当然に2種免許という資格取得者ならば実践可能。
②は心掛け次第で誰でも出来る。
問題は③
飛行機や電車と違いタクシーはワンマンで接客までも運転手が担う。
乗車するお客様の個性や事情は千差万別です。
目先の稼ぎだけを考えるなら、実は接客はいい加減でも回送ルートや立ち回り方で
売上は伸ばせます。

ヨッシーは職業ドライバーとして誇りを持ちたいから③のレベル向上をもう少し努力
してみます。
そしてドライバーの誰もが、もう少し真剣にその事を考えてくれれば、少なくとも
「運ちゃん」などと見下される回数も減少するのでは、と思います。

スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【お客様は神様?】

今夜はひとつ辛口な意見で。常日頃考えていることなのですが、やはりこの国の商文化というか、何の業種に関わらず商品を提供する側と、受け取る側(いわゆるお客様)の関係を一般的に捉えると、かなり歪んだ構造があると思いませんか。いわゆる今夜のお題「お客様は神様で...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね。
確かに店員さんの必要以上なへりくだり姿勢は、見苦しくあります。

そういう店員さんには「お客様=お紙幣さま」なんですよね。

そう考えちゃうと、なんだか淋しくなりますね。

No title

今回のテーマは難しくて、武甲母ちゃんには答えられないv-292
でも敢えて言わせて戴けば 確かに過剰な接客態度に、不愉快を覚えることがありますよね。
誠意の見えるサービス、接客を消費者は望んでいます。v-291

りん様

接客ってむずかしいですよね。
機械やパソコンなら決められたひとつの法則で済むのに
人はその数だけ個性がちがい、感受性もちがいますからね。

buko-母ちゃん様

言葉は面白いですね。

「お客様は神様のような人です」

と、言い替えればいいんですよ。

神様のような人と言われたら、それなり(高貴で寛容)の
振る舞いをしなくちゃいけない気がしますもんね。
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ままタクシー

Author:ままタクシー
秩父つれづれ日記へようこそ!
記事担当のヨッシーです。
乗務員歴6年(H22年7月現在)
ウチの会社では中堅ドライバーになりました。
明るくやさしく安全運転をモットウに日々頑張ってます。
趣味:音楽鑑賞 カメラ
   愛犬とブラブラ散歩・ゴルフ
   読書と書くこと
秩父に行ってみたくなる記事、
なんとなくホットする記事を
更新していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR