FC2ブログ

小鹿野 昭和の街

前回の記事、両神荘「薬師・美人の湯」に浸かり男前と女前(笑)がアップした
熟年夫婦。
今日はその温泉に浸かる前に撮った小鹿野の街並み写真をアップします。

   P1090859_convert_20120908145625.jpg


小鹿野町は埼玉県の最西北端に位置しています。
秩父と同じく、昭和の頃は養蚕や機織りが盛んな町でした。

鉄道が通っておらず、交通手段はバスかマイカーのみ、ですから今は過疎化に
悩み、町の人に叱られるかも知れませんが、埼玉県の陸の孤島みたいな町です。

  P1090854_convert_20120908145716.jpg

ですがその事を逆手に取って考えれば、埼玉'都民'の住む町(以前ヨッシーが
暮らしていた町もそうです)が駅前開発などと称して折角の歴史を刻んだ街並みを
すっかり破壊してしまい、何処にでもありそうな安っぽい街づくりから逃れ、今でも
明治や昭和の雰囲気を残す素敵な町なのです。

P1090856_convert_20120908151027.jpg P1090858_convert_20120908151114.jpg

そしてこの町の人たちが大事にしているのが田舎歌舞伎、春祭りや秋の公演を
始め、今では全国から招待され出張公演するほどだそうです。

P1090857_convert_20120908151050.jpg P1090855_convert_20120908151005.jpg

メインストリートの各商店もそれぞれ歌舞伎の看板を飾り、その思い入れが
伝わってきます。

  P1090866_convert_20120908152031.jpg

小鹿野町指定有形文化財の加藤家住宅「常盤屋」生糸商で栄えた豪商加藤恒吉翁が
明治13年に建築したという当時では珍しい3階建て

  P1090868_convert_20120908152059.jpg

一般公開していますが、現在もおばあさんが居住しており、見学には
十分な配慮を   とにかく外観といい屋敷の内部といい凄い造りです。
今回は玄関のみ入らせて貰いましたが、前回の小鹿野文化祭だったかな
この時は屋敷内全部を開放してくれ、じっくり見学させて頂きました。

P1090872_convert_20120908152228.jpg P1090871_convert_20120908152254.jpg

もう写真もきりがないからこの辺にしておきますが、川越蔵造りの町並みの
ようにすっかり有名になってミーハー気分で観光するのも否定しませんが、
こんな素敵な街並みが静かに残る小鹿野町も捨てがたい魅力がありますね。

   P1090874_convert_20120908152331.jpg
その小鹿野町(旧両神村)出身の女流文学作家 大谷藤子(1903生まれ~1977年没)
の生家前にある文学碑
国民宿舎両神荘の対岸にひっそりと建ってました。
代表作は「須崎屋版画荘」「山村の母達」「谷間の店」「釣瓶の音」など
  
   P1090861_convert_20120908152156.jpg

この旅館は彼女の作品「須崎屋 版画荘」のモデルとなった実在する旅館です。

彼女の作品は図書館で作品集を借りて読みました。
大正から昭和の山村に暮らす農民や女の心情を山村育ちの彼女だからこそ
書けたリアルさがありました。

その殆んどの作品は、貧しくろくに教育も受けられなかった故、物事や出来事を論理的
に思考できず、その場の感情だけで生きた当時の庶民の悲しい作品でした。

「須崎屋旅館」なんて実名で書いちゃって、現代なら完全に名誉棄損で訴えられてます。
ですが現在この旅館は美人で素敵な若女将で評判ですヨー。

一気にダリヤ園まで書こうかと思ったけど、今日は疲れたので
次回のお楽しみでーす。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

趣があっていいなぁ~。
なんとなく背筋が伸びる思いだよね。
特に加藤さんち・・・ふざけた気持ちで
敷居跨いだらいけないよーな。
ウチの近くでも、昔の商店街が廃れてきて
高齢で亡くなると、息子さんたちが
さっさとお店を閉めて、今風の家を新築するので
雑貨屋さんも、お菓子屋さんも、魚屋さんも
映画館も酒屋さんも、姿を消しちゃいました。
スーパーとコンビニが増える一方だス~。

三階建てのその旅館、泊まってみたいよね~♪

花ちゃわん様

実はウチのLDK(なんて洒落たもんじゃないですが)も
天井は梁がむき出しで屋根まで吹き抜けの古民家風
そこだけは気に入ってます。

でも本物の旧家の足元にも及ばない。

築100年以上の古民家、ある程度手入れをすればあと100年は
持ち、その風格は現代の安普請の家なんかやはり足元にも
及ばないのに・・・もったいないよねえ

最近の日本のハウスメーカーが建てる家なんて償却30年で
設計しているのを知ってますか。
50年保証とか100年保証なんてのをうたい文句にしてるメーカーも
あるけど、ほとんど嘘っぱち、だってその頃は設計した社員や販売
した社員はみんな定年でもう居ないんだから

イギリスやヨーロッパの考えはまるきり違うみたいですよ。
そもそも寿命なんてない、街並み景観保護条例もあり
勝手に古い建造物を壊せないという理由もあるらしいのですが
何百年も経った家でも現代風に水回りや配線を改造して住み続け
てるそうです。

ああー ヨーロッパに旅行してみたいよう 


カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ままタクシー

Author:ままタクシー
秩父つれづれ日記へようこそ!
記事担当のヨッシーです。
乗務員歴6年(H22年7月現在)
ウチの会社では中堅ドライバーになりました。
明るくやさしく安全運転をモットウに日々頑張ってます。
趣味:音楽鑑賞 カメラ
   愛犬とブラブラ散歩・ゴルフ
   読書と書くこと
秩父に行ってみたくなる記事、
なんとなくホットする記事を
更新していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR